性能の差

今回のサイト内テーマでは、パソコンやコンピュータもしくは身近な電化製品の中でよく見聞きする「データ」という言葉やキーワードに基づく物事や出来事について確認の記述を施していきたいと思います。
私達の身の回りの物事で、データに関係するものは以外と多く存在します。
しかし、実際にデータという言葉やキーワードを意識して使うケースは結構少ないかもしれません。
IT系のプロやパソコンやコンピュータに精通している人ならば話は別ですが、一般的な電化製品を日々活用する人にとってデータという存在を常に意識して活用する方が珍しいのではないでしょうか?
個人的な立場で言えば、私は日常の生活や日々の生活習慣の中で頻繁にパソコンやコンピュータを活用する立場です。
パソコンやコンピュータ自体を使うシーンはもちろんですが、他の電化製品。
具体的に言うとテレビや携帯電話などを活用するシーンであっても基本的にはデータという言葉やキーワードを意識しながら活用することが習慣化されています。
例えばテレビ1つを取ってみても、最近のテレビは昔のテレビと比べて出来ることの幅が非常に増えています。
それだけ、一般家庭の中でのテレビという存在が非常に高性能になっているということです。
その事実は、テレビという存在だけでなくテレビに接続する別の機器にしても同様のことが言えます。
私の家に最新のテレビを設置しに来た電気店のおじさん曰く「最近のテレビやレコーダーは、ほとんどパソコンと変わりませんからね〜」だそうです。
私はその言葉を聞いたとき「まさか〜!どこまでいってもテレビはテレビでしょう〜」と思っていましたが、実際に自宅のテレビを使っているうちに「本当だ!最近のテレビとかレコーダーって性能的にパソコンと変わらない!」とビックリしたことがあります。
しかし、個人的な見解かもしれませんがまだまだ全体的な性能や機能ではパソコンやコンピュータの方が上です。
続きの文章を次項に移します。
記事を共有する このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2014パソコンのセキュリティは大丈夫?大事なデータを危機から救う!.All rights reserved.